HOME > お役立ち歯科コラム > コラム > いろいろな弊害がある! アデノイド顔貌予防のポイント

いろいろな弊害がある! アデノイド顔貌予防のポイント

いろいろな弊害がある! アデノイド顔貌予防のポイント
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。練馬区石神井公園にある歯医者「すぎもと歯科クリニック」です。

前回のコラムでは、「虫歯になりやすくなる? くさび状欠損とは」について取り上げました。第97回の今回は、「いろいろな弊害がある! アデノイド顔貌予防のポイント」についてご紹介していきます!

 

顎が小さく、少し歯が出っ張っている顔つきが特徴のアデノイド顔貌。特徴的な顔つきになってしまうため、アデノイド顔貌であることをコンプレックスに思っている方も多いのではないでしょうか。
アデノイド顔貌は見た目の問題だけではなく、お口トラブルにもつながるものですが、治療や日々の習慣を見直すことで改善することが可能です。
ここでは、アデノイド顔貌とはどのようなものか、またその治し方などをご紹介します。

 

アデノイド顔貌とは

アデノイド顔貌というのは、特に日本人に多いと言われているもので、顎の部分が小さくなっているという特徴を持った顔のことです。横から見たときに、顎と首のラインがつながって見えます。
アデノイドというのは、鼻腔の奥にあるリンパ組織の集合体のこと。咽頭扁桃とも呼ばれ、細菌やウイルスなどが体に侵入しないように防ぐ役割を持っています。
このアデノイドが肥大化することで、顎が小さく歯が前に出るという顔つきになることから、アデノイド顔貌と呼ばれているのです。

 

アデノイドが肥大化する原因

アデノイドは前述の通り、体の中に侵入した細菌などを除外するためのものです。細菌などと闘うとき、アデノイドは炎症を起こして肥大化します。これは生理的な現象です。
一般的に、2歳~5歳の間がアデノイドの肥大化が顕著であると言われており、成長と共に肥大化が小さくなります。しかし、幼少期に感染を多く繰り返したり、風邪を引いたりすることで、肥大化が慢性化し、大人になってもアデノイドが肥大化したままなることがあります。
しかし、アデノイドの肥大化が直接アデノイド顔貌につながるわけではありません。アデノイドが肥大化することで鼻呼吸が難しくなり、口呼吸が習慣化することで顎が小さくなってしまうのです。
アデノイド顔貌でお悩みの方は、「小さな頃から口呼吸ばかりしていた」という方が多いのではないでしょうか。「口をあんぐり開けて口呼吸をしているうちに顎の筋肉がたるみ、顎の輪郭が目立たなくなり、顎が小さくなる」、これがアデノイド顔貌になってしまうメカニズムであると考えられています。

 

アデノイド顔貌の影響

アデノイド顔貌は見た目の問題だけではなく、その他にもいろいろなお口トラブルを引き起こします。

・いびきをかく
口呼吸が習慣になることで、睡眠時も口呼吸をするようになります。睡眠時の口呼吸はいびきの原因になり、また、睡眠時無呼吸症候群を引き起こしやすくなります。睡眠時無呼吸症候群は高血圧や脳卒中などにもつながるため、注意が必要です。

・滑舌が悪くなる
口呼吸を繰り返すことで舌の筋肉も衰えます。舌の筋肉が衰えることで滑舌が悪くなるなどの弊害が生じます。

・歯並びが悪くなる
顎が発達しないことにより、歯が生えるスペースが狭くなり、歯並びが悪くなってしまうことがあります。

・口内環境が悪化しやすくなる
口呼吸で口を開けることが多くなることで、細菌やウイルスが侵入しやすくなり、虫歯や歯周病、口臭などが発生しやすくなります。

 

アデノイド顔貌の治し方、予防法

いろいろな弊害が生じるアデノイド顔貌ですが、大人になってからもある程度は改善することが可能です。また、小さな子どもであれば、これから紹介することを日頃から心がけることで、アデノイド顔貌予防になります。
アデノイド顔貌の治し方、予防法を見ていきましょう。

・鼻呼吸を心がける
口呼吸をやめ、意識的に鼻呼吸をすることで、アデノイド顔貌改善につながることがあります。口をしっかり閉めておくことで、顎の筋肉が強化され今以上にアデノイド顔貌が顕著になるのを防ぐことができます。

・ガムなどを噛む
アデノイド顔貌を改善するにはよく噛むことが大切なポイントになります。ガムを噛むなどの習慣をつけ、顎の筋肉を鍛えるようにしましょう。口周りの筋肉が鍛えられることで、口を閉じやすくなり、比較的頬がスッキリするなど、アデノイド顔貌の特徴の悪化を防ぎやすくなります。

・口の体操をする
「あ」「い」「う」「べ」という音を繰り返し発音することで、口周りの筋肉を鍛え、アデノイド顔貌を改善することができます。
ポイントは発音するときにしっかり口を動かすことです。また、「べ」と言うときには舌を口の外まで出すように意識しましょう。

 

いろいろな弊害がある! アデノイド顔貌予防のポイント

 

アデノイド顔貌は見た目の問題だけではなく、ほかにもいろいろな弊害を生じさせるものです。ここで紹介したことを参考にして、できるだけ改善するよう心がけましょう。
子どもの場合は、できるだけ鼻呼吸をさせる、歯並びが悪ければ歯列矯正をするなどで、アデノイド顔貌に予防をすることができます。小さな頃から顎の筋肉が衰えないよう、親御さんがしっかり意識して、お子様がアデノイド顔貌にならないよう気をつけてあげるようにしてくださいね。

 

次回は「」についてご紹介する予定です。どうぞお楽しみに!

★お口のお悩みはお気軽にご相談ください★

ベビーカーや車椅子でもご来院いただけるバリアフリーな歯医者

(医)悠歯会 すぎもと歯科クリニック

【診療項目】一般歯科・小児歯科・予防歯科・矯正歯科・口腔外科・審美歯科・ホワイトニング・インプラント

【所在地】東京都練馬区石神井町6-15-8 ウエルシア2F

【アクセス】西武池袋線「石神井公園駅」より徒歩5分

 

 

 

一覧へ戻る

みがくま・だらくま案内所

なんだか楽しそうじゃないダラか!

ほら、行ってみたくなってきたでしょ?

ガチャガチャが回せてDVDも見られるなら、行ってやってもいいダラね~

なんだか上から目線ね・・・・・・

ところでビームは? ビームはどこダラか?

医院情報で軽く触れただけなのにすごい食いつきよう・・・・・・このあとちゃんと紹介するから安心してね 医院情報

ビームキター!

男の子って本当にそういうの好きね・・・・・・。<br />わたしはレモンの香りがするエアフローが好き!

菌をiPadで見れるのも、なかなか面白そうじゃないかダラ!

どう?だんだんこの歯医者さんに行きたくなってきたでしょ?

・・・・・・ふんっ! 歯医者さんはいやダラ!話を聞くのはいいけど、行くのは別ダラ!

もう、ガチャガチャとかビームにワクワクしてたくせに!こわがらないで、行ってみましょうよ

こ、こわくないダラ!<br />だっておれっちは、一族の使命にしたがって・・・・・・

だらくまくんのうち、みんな歯医者さんに行ってるじゃないの

い、行ってるふりダラ

まったくもう・・・・・・こわがってるのは知ってるんだからね。大丈夫よ、この歯医者さんはこわいところじゃないんだから。<br />ほら、もうちょっと見てみましょ、ね?

しょうがないダラな~

歯医者を嫌いにならないで!~少しずつ慣れていこう~