HOME > お役立ち歯科コラム > コラム > 赤ちゃんの歯茎の色がおかしい! 乳幼児の歯茎に起こるトラブル4つ

赤ちゃんの歯茎の色がおかしい! 乳幼児の歯茎に起こるトラブル4つ

赤ちゃんの歯茎の色がおかしい! 乳幼児の歯茎に起こるトラブル4つ
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。練馬区石神井公園にある歯医者「すぎもと歯科クリニック」です。

前回のコラムでは、「子どもの虫歯を防ぐには? 親子で学ぶ虫歯予防」について取り上げました。第83回の今回は、「赤ちゃんの歯茎の色がおかしい! 乳幼児の歯茎に起こるトラブル4つ」についてご紹介していきます!

 

健康な歯茎は鮮やかなピンク色をしていますが、何らかの影響で変色してしまっている場合があります。基本的に色が変わっている場合は医師への相談が必要になりますが、ケースによっては経過観察で問題ないものや、早急な対応が必要なものなどさまざまです。
今回は赤ちゃんの歯茎に起こりうるトラブルとその対処法を紹介していきます。

 

歯茎が黒くなった場合は「萌出性嚢胞(ほうしゅつせいのうほう)」

奥歯が生えそう(歯肉から出そうになっている状態)になると、赤ちゃんは奥歯で食べ物を噛もうとします。ところが実際はまだ完全に生えきっていないため、歯肉へ過度に刺激を与えてしまうということがあり、それに伴い炎症を起こしてしまうことがあるのです。場合によっては、歯肉が刺激を受け水ぶくれまで発生してしまうこともあります。これを「萌出性嚢胞」といい、歯肉が内出血してしまい歯茎が黒っぽい色や紫色に見えることがあります。

・萌出性嚢胞を対処するためには?
この症状の場合は基本的には経過観察で問題ありません。奥歯がまだ出てきていないため、歯肉が炎症を起こしてしまい変色してしまっているため、奥歯が生えきることで歯肉への刺激が減り、症状が軽減されていくはずです。また、萌出性嚢胞が発生したからといって、乳歯の生え方がおかしくなるという訳ではないため、その点に関しては心配は無用でしょう。

ただ、炎症が続きあまりにも奥歯が生えるのが遅い場合は、一度医師に相談してみることも検討しておきましょう。状況によっては歯肉そのものを切り、歯が生えやすいようにすることも必要になります。

 

歯茎に白いブツブツが出来た場合は「上皮真珠」

赤ちゃんによっては歯茎に白いブツブツができているように見える場合もあります。これは「上皮真珠」といい、歯が作られていく中で残った細胞が沈着しているというもので、あごの中で乳歯が作られている過程で見られることがある症状です。
主に0歳?1歳の頃に前歯のあたりに数個ほどできるため、歯肉が凸凹になることがありますが、実際赤ちゃんの約8割はこういった上皮真珠やそれに近い症状が見られ、特に目立った害もありません。そのため「知らないうちに治っていた」というケースもあります。

・上皮真珠を対処するためには
前述の通り上皮真珠は自然になくなるものなので、当面は経過観察で問題はありません。乳歯が生えてくる頃にはなくなることが大半なので、それまでは様子見で問題ないでしょう。
逆に無理に上皮真珠を取り除こうとすると炎症を引き起こしてしまう可能性があるため、無理して取り除こうとせずに自然になくなるのを待っておく方が得策です。

 

歯茎が白くなり痛みを感じる場合は「先天性歯」

上皮真珠と似ていますが、授乳時などにおっぱいに痛みを感じることがあれば、先天性歯のため白くなっている可能性もあります。先天性歯というものはいわゆる「歯そのもの」が生えてくる前の状態なのですが、赤ちゃんによっては新生児の頃から既にこのような状態になっていたり、なかなか歯肉から歯が出てこない場合などもあります。
先天性歯は母親が痛みを感じるだけでなく、赤ちゃんも授乳時に痛みを感じることもあり、おっぱいを飲みたがらない傾向が強くなるため、注意が必要です。

・先天性歯を対処するためには
もしこのような症状に心当たりがある場合は、なるべく早めに医師に相談した方が良いでしょう。単純に歯が生えてくる直前でしたら問題はないかもしれませんが、歯が生えてくる位置や形が明らかにおかしい場合もあり、余剰歯(歯が余分に生えてきたもの)の可能性もあります。
こういったトラブルが知らず知らずに起きていることもあるため「上皮真珠とは違うな……」と感じたら歯科医に相談するようにしましょう。

 

歯茎が赤く腫れた場合は「萌出性歯肉炎」

私たちに発生する可能性がある歯肉炎は「不潔性歯肉炎」といい、歯垢などの蓄積によって起こる症状が一般的なのですが、赤ちゃんの場合はそもそも歯がないため虫歯菌がまだ繁殖できません。そのため赤ちゃんが歯肉炎を発生させる場合は、他のことが問題になっているケースが一般的です。

この萌出性歯肉炎は、乳歯が生える際に一時的に作られる歯茎の腫れが水ぶくれになって赤く見えるものです。これから生える歯を覆うような形で赤く膨れ上がっている現象で、触ると出血することもありますが、痛みは感じないものになります。

・萌出性歯肉炎を対処するためには
赤ちゃんの乳歯が生え切ると自然と収まってくれるため、親御さんが行うべきことは、炎症を悪化させないために口腔内を清潔に保てるようにケアをすることを意識することです。
基本的には、この炎症が続くことによって歯が正常に生えてこなくなる……ということもないため、心配はありません。
とはいえ病原菌を口腔内に入れないように、赤ちゃんが普段遊ぶおもちゃなどは常に清潔な状態で保てるようには心がけておきましょう。

 

歯科医院で行ったホワイトニング効果を打ち消す食品の種類ム

 

乳歯が生える際に現れる現象は、パターンによっては経過観察で問題ないものもありますが、二次的な口腔内のトラブルを防ぐためにも、お子様の口腔内は極力清潔な状態で保ちたいものです。
日頃からお子様の口腔内をこまめにチェックし、変わったところがあった際に早めに気づけるようにしておきたいですね。

 

次回は「虫歯を放置するとどうなるの? 進行度別に見る虫歯の症状と治療法」についてご紹介する予定です。どうぞお楽しみに!

★お口のお悩みはお気軽にご相談ください★

ベビーカーや車椅子でもご来院いただけるバリアフリーな歯医者

(医)悠歯会 すぎもと歯科クリニック

【診療項目】一般歯科・小児歯科・予防歯科・矯正歯科・口腔外科・審美歯科・ホワイトニング・インプラント

【所在地】東京都練馬区石神井町6-15-8 ウエルシア2F

【アクセス】西武池袋線「石神井公園駅」より徒歩5分

 

 

 

一覧へ戻る

みがくま・だらくま案内所

なんだか楽しそうじゃないダラか!

ほら、行ってみたくなってきたでしょ?

ガチャガチャが回せてDVDも見られるなら、行ってやってもいいダラね~

なんだか上から目線ね・・・・・・

ところでビームは? ビームはどこダラか?

医院情報で軽く触れただけなのにすごい食いつきよう・・・・・・このあとちゃんと紹介するから安心してね 医院情報

ビームキター!

男の子って本当にそういうの好きね・・・・・・。<br />わたしはレモンの香りがするエアフローが好き!

菌をiPadで見れるのも、なかなか面白そうじゃないかダラ!

どう?だんだんこの歯医者さんに行きたくなってきたでしょ?

・・・・・・ふんっ! 歯医者さんはいやダラ!話を聞くのはいいけど、行くのは別ダラ!

もう、ガチャガチャとかビームにワクワクしてたくせに!こわがらないで、行ってみましょうよ

こ、こわくないダラ!<br />だっておれっちは、一族の使命にしたがって・・・・・・

だらくまくんのうち、みんな歯医者さんに行ってるじゃないの

い、行ってるふりダラ

まったくもう・・・・・・こわがってるのは知ってるんだからね。大丈夫よ、この歯医者さんはこわいところじゃないんだから。<br />ほら、もうちょっと見てみましょ、ね?

しょうがないダラな~

歯医者を嫌いにならないで!~少しずつ慣れていこう~