HOME > お役立ち歯科コラム > コラム > 子どもの歯を守る「定期健診」の大切さを知ろう

子どもの歯を守る「定期健診」の大切さを知ろう

子どもの歯を守る「定期健診」の大切さを知ろう
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。練馬区石神井公園にある歯医者「すぎもと歯科クリニック」です。

前回のコラムでは、「歯科で行ったホワイトニング効果を打ち消す食品の種類」について取り上げました。第42回の今回は、「子どもの歯を守る『定期健診』の大切さを知ろう」についてご紹介していきます!

 

子どもの定期健診の重要性

子どもにとって怖いイメージがある歯科医院。子どもが幼いうちから保護者と一緒に定期健診に通わせることの重要性を確認しておきましょう。

【子どもの頃から歯の定期健診に通うメリット3つ】
➀虫歯を早めに見つけることで治療や予防が可能
②歯並びや生え替わりのチェックや対処ができる
③歯科医院の雰囲気に慣れることで歯医者に対する恐怖心をなくすことができる

虫歯の早期発見や歯並びのチェック以外にも、実は「歯科医院の雰囲気」に慣れさせることも重要です。
歯科医院は普通の病院のように「痛みを取り除いてくれる場所」だということが子どもには理解できません。歯が健康なときに健診に行って歯科医院の雰囲気に慣れさせましょう。

 

定期健診に通う頻度について

大人の場合、「半年に1度」は歯の定期健診に行くことを推奨されていますが、子どもの場合その半分である「3か月に1度」を目安にして定期健診を受診するようにしましょう。
その理由を3つ、以下に示します。

・乳歯は虫歯になりやすく、虫歯ができてしまうと永久歯にも影響する
乳歯は永久歯より質も弱く、厚さも半分しかありません。また、乳歯の奥歯は溝が深く、汚れが溜まりやすい構造になっています。そのため、虫歯になりやすいのです。
乳歯の虫歯が根まで進んでいると、永久歯が茶色く変色した状態で生えてきてしまうなど悪影響を及ぼします。

・歯並びや噛み合わせの程度を医師と一緒に確認
歯並びや噛み合わせが日々変化するため、3か月ごとに歯科医院で診てもらいましょう。歯並びの改善が見られない場合には、歯列矯正を検討してみるのはいかがでしょうか。歯や顎が成長段階にある小さいうちに歯列矯正を行うことで時間をかけず、費用の負担が少ないまま処置をすることが可能です。

・歯並びが悪い場合、磨き残しによる虫歯ができやすくなる
特に5~12歳は歯が生えたり抜けたりするために磨き残しも多くなります。虫歯を早期発見するためにも保護者の方が定期健診に連れて行ってあげることが重要です。

 

定期健診に通う頻度について

大人の場合、「半年に1度」は歯の定期健診に行くことを推奨されていますが、子どもの場合その半分である「3か月に1度」を目安にして定期健診を受診するようにしましょう。
その理由を3つ、以下に示します。

・乳歯は虫歯になりやすく、虫歯ができてしまうと永久歯にも影響する
乳歯は永久歯より質も弱く、厚さも半分しかありません。また、乳歯の奥歯は溝が深く、汚れが溜まりやすい構造になっています。そのため、虫歯になりやすいのです。
乳歯の虫歯が根まで進んでいると、永久歯が茶色く変色した状態で生えてきてしまうなど悪影響を及ぼします。

・歯並びや噛み合わせの程度を医師と一緒に確認
歯並びや噛み合わせが日々変化するため、3か月ごとに歯科医院で診てもらいましょう。歯並びの改善が見られない場合には、歯列矯正を検討してみるのはいかがでしょうか。歯や顎が成長段階にある小さいうちに歯列矯正を行うことで時間をかけず、費用の負担が少ないまま処置をすることが可能です。

・歯並びが悪い場合、磨き残しによる虫歯ができやすくなる
特に5~12歳は歯が生えたり抜けたりするために磨き残しも多くなります。虫歯を早期発見するためにも保護者の方が定期健診に連れて行ってあげることが重要です。

 

定期健診で何をするのか

歯の定期健診では何をするのでしょうか。以下にまとめてみます。

・ブラッシング指導
虫歯になりにくい、歯の磨き方を教えます。保護者の方と一緒に歯ブラシの選び方から指導していきます。子ども用の歯垢染色剤を使うこともあります。

・フッ素塗布
歯の質を強くして虫歯になりにくくする作用を持つ「フッ素」を歯の表面に塗ります。
生えてきたばかりの乳歯に塗るとより効果的です。

・シーラント
シーラントとは奥歯の溝に合成樹脂を埋め込むことで物理的に虫歯を防ぐ処置のことです。定期健診では、このシーラントが正常であるかどうかチェックします。
ヒビが入っているなどの異常がみられる場合には修復も行います。

 

歯肉炎の治療はどうすべき? 自宅でできる改善対策

 

定期的に歯の健診に行くことで、子どもは「歯科医院は怖くない場所」だと学びます。成長してからも定期的に歯科医院へ通うことにつながり、口腔内の健康を保つことができます。
多忙な中にも時間を見つけて、ぜひ子どもを連れて歯の定期健診に行ってみましょう。

 

次回は「子どもも歯周病になるもの? 原因と予防法って?」についてご紹介する予定です。どうぞお楽しみに!

★お口のお悩みはお気軽にご相談ください★

ベビーカーや車椅子でもご来院いただけるバリアフリーな歯医者

(医)悠歯会 すぎもと歯科クリニック

【診療項目】一般歯科・小児歯科・予防歯科・矯正歯科・口腔外科・審美歯科・ホワイトニング・インプラント

【所在地】東京都練馬区石神井町6-15-8 ウエルシア2F

【アクセス】西武池袋線「石神井公園駅」より徒歩5分

 

 

 

一覧へ戻る

みがくま・だらくま案内所

なんだか楽しそうじゃないダラか!

ほら、行ってみたくなってきたでしょ?

ガチャガチャが回せてDVDも見られるなら、行ってやってもいいダラね~

なんだか上から目線ね・・・・・・

ところでビームは? ビームはどこダラか?

医院情報で軽く触れただけなのにすごい食いつきよう・・・・・・このあとちゃんと紹介するから安心してね 医院情報

ビームキター!

男の子って本当にそういうの好きね・・・・・・。<br />わたしはレモンの香りがするエアフローが好き!

菌をiPadで見れるのも、なかなか面白そうじゃないかダラ!

どう?だんだんこの歯医者さんに行きたくなってきたでしょ?

・・・・・・ふんっ! 歯医者さんはいやダラ!話を聞くのはいいけど、行くのは別ダラ!

もう、ガチャガチャとかビームにワクワクしてたくせに!こわがらないで、行ってみましょうよ

こ、こわくないダラ!<br />だっておれっちは、一族の使命にしたがって・・・・・・

だらくまくんのうち、みんな歯医者さんに行ってるじゃないの

い、行ってるふりダラ

まったくもう・・・・・・こわがってるのは知ってるんだからね。大丈夫よ、この歯医者さんはこわいところじゃないんだから。<br />ほら、もうちょっと見てみましょ、ね?

しょうがないダラな~

歯医者を嫌いにならないで!~少しずつ慣れていこう~