HOME > お役立ち歯科コラム > コラム > 治療した虫歯がまた虫歯に! 二次カリエスの予防法!

治療した虫歯がまた虫歯に! 二次カリエスの予防法!

治療した虫歯がまた虫歯に! 二次カリエスの予防法!
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。練馬区石神井公園にある歯医者「すぎもと歯科クリニック」です。 前回のコラムでは、「しっかり歯磨きをしてウィルス対策をしよう!」について取り上げました。第147回の今回は、「治療した虫歯がまた虫歯に! 二次カリエスの予防法!」をご紹介していきます!

せっかく虫歯の治療をしたのに、また同じ歯が虫歯になっていた……このような虫歯の再発を「二次カリエス」といいますが、なぜ再び虫歯になってしまうのでしょうか? 今回は二次カリエスの原因や治療法、予防法についてご紹介します。

 

二次カリエスの原因とは?

二次カリエス(二次う蝕)は、詰め物や被せ物などの下にできる虫歯のことを指します。詰め物や被せ物の下にすき間が生じると、そこから虫歯菌が侵入し、虫歯を引き起こすのです。
二次カリエスが起きる原因にはさまざまな理由が関係しています。もし以下に当てはまる場合は、二次カリエスが発生するリスクが高いといえるでしょう。

 

プラスチックや銀歯の詰め物・被せ物を入れている

保険診療の場合、詰め物にプラスチックや銀歯を使用しますが、この2つの素材は「歯垢が付きやすい」「劣化・接着のはがれが起こりやすい」というデメリットがあるのです。

歯垢が付きやすい素材ということは、当然二次カリエスのリスクもアップします。また、詰めものや被せ物が経年により浮いてくると、すき間から虫歯菌の侵入を許してしまうことにもなりかねません。

 

治療時の接着が弱く、すき間ができている

歯科医師や歯科技工士による治療精度が良くないと、詰め物・被せ物と歯がしっかり密着せず、すき間や段差ができてしまうことがあります。
また、接着に使う接着剤が経年劣化し、詰め物が浮いてすき間ができる場合もあります。

 

しばらく歯科検診に行っていない

定期的に歯科検診にいっていると、詰め物や被せ物に問題がないかチェックをしてもらえます。
歯科検診を面倒くさがっていかないままでいると、詰め物や被せ物の不具合に気付くことが難しくなります。こうなると知らないうちに二次カリエスになり、どんどん虫歯が進行してしまうことにもなりかねません。

 

二次カリエスの治療方法

二次カリエスは詰め物や被せ物の下に虫歯が発生するため、症状が進行し痛みがひどくなって初めて気付くケースも少なくありません。特に神経を取ったあとの歯の場合は、なおさら分かりにくいでしょう。 二次カリエスになってしまった場合、どのような治療をおこなうのでしょうか。

二次カリエスになってしまった場合は、いったん詰め物や被せ物を外して、虫歯になった部分を削ることになります。その後再び詰め物や被せ物をしてカバーするのです。

もし二次カリエスを繰り返すと、その都度歯を削ることになります。削るたびに少しずつ歯にダメージが蓄積されるため、何度も繰り返せば歯を失ってしまうことにもつながりかねません。 だからこそ、再発を予防することがとても大切なのです。

 

二次カリエスの予防方法とは?

何度も繰り返すと歯を失う危険を伴う二次カリエス。再発を予防するには、どのような点に気をつければよいのでしょうか。

 

日頃から歯みがきなどの口腔ケアを怠らないる

二次カリエスの予防には、日頃から丁寧に歯を磨くことも重要です。治療をした歯の部分は段差や隙間に歯垢が溜まりやすいため、歯ブラシの角度を変えながら入念に磨きましょう。
さらに、フッ素入りの歯みがき粉を使って歯質を強化するのも二次カリエスの予防につながります。

 

定期的に歯科で検診を受けてチェックする

虫歯の初期段階は症状がほとんど感じられない場合も多く、自分で気付くのは難しいものです。特に二次カリエスの場合、表面上はなにも変化がないので気付かないまま進行してしまうことも少なくありません。

二次カリエスを未然に防ぐ、もしくは初期段階で治療するには、歯科で定期的に検診を受けましょう。 詰め物や被せ物の不具合を発見すれば劣化する前に交換することも可能ですし、歯科医師のチェックによって二次カリエスが発見されれば、ひどくなる前に治療がおこなえます。 みがき残した部分や歯石などのクリーニングもしてもらえるので、二次カリエスの発生リスクを下げることもできますよ。

 

詰め物・被せ物の素材をセラミックに変える

詰め物や被せ物の素材がプラスチック製や銀歯の場合、歯垢が付きやすく劣化や浮き・はがれなどが起こりやすくなります。 口腔ケアに気をつけているのに二次カリエスを繰り返してしまう場合は、セラミックの詰め物や被せ物を入れることを検討してみても良いでしょう。セラミックは陶器でできており、汚れが付きにくく耐久性が高いのが大きな特徴です。歯垢が付きにくく摩耗や劣化にも強い素材のため、二次カリエス予防に効果的だといえます。

セラミックの詰め物・被せ物は自費診療になりますが、仕上がりも美しくメリットも多い素材です。より高い予防効果を求める方におすすめだといえるでしょう。

 

治療した虫歯がまた虫歯に! 二次カリエスの予防法!

一度虫歯になった歯は、再度虫歯になるリスクが高いといわれています。二次カリエスを防ぐためにも、虫歯治療後は歯みがきをていねいにおこない、定期的な歯科検診を受けるようにしましょう。

次回は「子どもも歯石をとったほうがいい? 歯石の原因や予防法は?」についてご紹介する予定です。どうぞお楽しみに!

 

★お口のお悩みはお気軽にご相談ください★

一覧へ戻る

みがくま・だらくま案内所

なんだか楽しそうじゃないダラか!

ほら、行ってみたくなってきたでしょ?

ガチャガチャが回せてDVDも見られるなら、行ってやってもいいダラね~

なんだか上から目線ね・・・・・・

ところでビームは? ビームはどこダラか?

医院情報で軽く触れただけなのにすごい食いつきよう・・・・・・このあとちゃんと紹介するから安心してね 医院情報

ビームキター!

男の子って本当にそういうの好きね・・・・・・。<br />わたしはレモンの香りがするエアフローが好き!

菌をiPadで見れるのも、なかなか面白そうじゃないかダラ!

どう?だんだんこの歯医者さんに行きたくなってきたでしょ?

・・・・・・ふんっ! 歯医者さんはいやダラ!話を聞くのはいいけど、行くのは別ダラ!

もう、ガチャガチャとかビームにワクワクしてたくせに!こわがらないで、行ってみましょうよ

こ、こわくないダラ!<br />だっておれっちは、一族の使命にしたがって・・・・・・

だらくまくんのうち、みんな歯医者さんに行ってるじゃないの

い、行ってるふりダラ

まったくもう・・・・・・こわがってるのは知ってるんだからね。大丈夫よ、この歯医者さんはこわいところじゃないんだから。<br />ほら、もうちょっと見てみましょ、ね?

しょうがないダラな~

歯医者を嫌いにならないで!~少しずつ慣れていこう~