HOME > お役立ち歯科コラム > コラム > 正しくできてますか? うがいの効果とやり方

正しくできてますか? うがいの効果とやり方

正しくできてますか? うがいの効果とやり方
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。練馬区石神井公園にある歯医者「すぎもと歯科クリニック」です。 前回のコラムでは、「子どもを虫歯から守る! 仕上げみがきのやり方とコツ」について取り上げました。

第143回の今回は、「正しくできてますか? うがいの効果とやり方」をご紹介していきます!

外出から帰宅したときや歯みがきのあとにする「うがい」。正しい方法でうがいをすると、虫歯や歯周病のリスクを下げ、口臭の予防もできるなど、多くのメリットが得られます。

ここではうがいの種類や効果とともに、正しいうがいの方法をご紹介します。

 

うがいには2種類ある!

うがいには「口うがい(ブクブクうがい)」「喉うがい(ガラガラうがい)」の2種類があります。

 

口うがい(ブクブクうがい)

歯みがき後や食事後などにおこなうことが多いうがいです。一般的には「ブクブクうがい」と呼ばれています。 口うがいの目的は、口腔内の歯周辺に付いた食べかすや細菌を落とすことです。

 

喉うがい(ガラガラうがい)

喉うがいは、喉を洗うためにガラガラと音を出しながらするうがいです。外出して帰宅したときや喉に炎症があるときにおこないます。喉に付いた細菌や異物を洗い落とすことを目的としています。
口うがいと喉うがいは、どちらか一方だけで済ますより、それぞれを組み合わせるのが理想的です。 2つのうがいをしっかりとおこなうことで、口腔内のトラブルの元となる原因菌を洗い流し、清潔に保てるようになります。

 

2種類のうがいの効果や正しい方法は?

口うがいと喉うがいには、どのような効果があるのでしょうか? また、それぞれの正しいうがい方法を知っておくことも大切です。

 

口うがい

歯や歯肉といった部分には、お口のトラブルを引き起こす細菌が住み着いています。食べかすを放置すると歯垢を生み出すだけでなく、虫歯・歯周病を引き起こす原因にもなってしまいます。
こまめに口うがいをすれば口腔トラブルの原因となる食べかす、細菌を洗い流せるので、清潔な状態を保てるのです。また、口臭予防にもなります。

・効果的な口うがいの方法
食後すぐや寝る前など、1日3~4回を目安に口うがいをしましょう。ただ、軽くゆすぐ程度では食べかすが歯のすき間や奥に残ってしまうため、あまり効果が得られません。

口うがいをする際は、少量の水で勢いよくブクブクとうがいをすると効果的です。
30mlぐらいの水を口に含んだら、上の歯、下の歯、右の歯、左の歯と順番に10秒ずつうがいをします。 このときのポイントは、歯に水を勢いよくぶつけるイメージでブクブクすること。歯と歯のすき間に水が流れるよう、スピーディーに水を動かしましょう。

もし出した水に食べかすが含まれているようならば、食べかすが出てこなくなるまで口うがいをしましょう。 うがいし終わったあとは、かなり口腔内がスッキリしているのを実感できるはず。

この口うがいの方法は、頬の筋肉をたくさん使います。続けることで頬のたるみ改善効果も期待できますので、ぜひ今日から試してみてくださいね。

 

喉うがい

喉うがいは喉に付着した細菌やほこりを洗い流し、保湿をする効果があります。これにより喉の炎症や風邪などのトラブルを防ぐことができるのです。 花粉の時期には喉に付いた花粉を落として、辛いアレルギー症状を和らげる効果もあります。他には喉に絡んだ痰を柔らかくして排出しやすくなるなど、喉のケアにも役立ちます。

・効果的な喉うがいの方法
外出から帰宅したときは口うがいをしてから喉うがいをしましょう。また、食後や歯磨き後に口うがいをするとき、ついでに喉うがいもしておくと、口腔から喉にかけて清潔に保てるのでおすすめですよ。

喉うがいの際は、水を少し口に含んだら上を向き、「あー」「おー」と声を出しながらガラガラとうがいをします。 喉の奥が震えるまで、声を出しながらうがいをするのがポイントです。こうすることで喉の奥のほうまでしっかりと洗えるようになります。 15秒ぐらいしてうがい水がぬるくなってきたら吐き出し、2~3回ぐらい繰り返しましょう。

 

うがい薬は使ったほうがいい?

うがい薬には「含嗽剤(がんそうざい)」「洗口液(せんこうえき)」などの種類があります。

病院や薬局で手に入れられる含漱剤には、殺菌作用や抗菌作用があります。 喉や口腔内の炎症、腫れに対して効果がある一方、常用すると口腔内の常在菌にも影響が及んだり、耐性菌が生まれてしまったりする場合も。 日常的に口や喉のうがいをするときは、殺菌効果が強すぎない「洗口液」もしくは水道水を使用しましょう。

正しくできてますか? うがいの効果とやり方

虫歯や歯周病の原因となる細菌を増やさないためには、口うがいでこまめに洗い流すことが重要です。外出時などすぐに歯みがきができない場合は、うがいで口腔内の食べかすやねばつきを取り除き、トラブル防止に努めましょう。 また、喉うがいは感染症の予防にも効果があります。特に感染症が流行っている時期は、手洗いとセットでうがいを忘れないようにしましょう。

次回は「歯石除去後に歯がしみる! 原因と対処法について」についてご紹介する予定です。どうぞお楽しみに!

 

★お口のお悩みはお気軽にご相談ください★

一覧へ戻る

みがくま・だらくま案内所

なんだか楽しそうじゃないダラか!

ほら、行ってみたくなってきたでしょ?

ガチャガチャが回せてDVDも見られるなら、行ってやってもいいダラね~

なんだか上から目線ね・・・・・・

ところでビームは? ビームはどこダラか?

医院情報で軽く触れただけなのにすごい食いつきよう・・・・・・このあとちゃんと紹介するから安心してね 医院情報

ビームキター!

男の子って本当にそういうの好きね・・・・・・。<br />わたしはレモンの香りがするエアフローが好き!

菌をiPadで見れるのも、なかなか面白そうじゃないかダラ!

どう?だんだんこの歯医者さんに行きたくなってきたでしょ?

・・・・・・ふんっ! 歯医者さんはいやダラ!話を聞くのはいいけど、行くのは別ダラ!

もう、ガチャガチャとかビームにワクワクしてたくせに!こわがらないで、行ってみましょうよ

こ、こわくないダラ!<br />だっておれっちは、一族の使命にしたがって・・・・・・

だらくまくんのうち、みんな歯医者さんに行ってるじゃないの

い、行ってるふりダラ

まったくもう・・・・・・こわがってるのは知ってるんだからね。大丈夫よ、この歯医者さんはこわいところじゃないんだから。<br />ほら、もうちょっと見てみましょ、ね?

しょうがないダラな~

歯医者を嫌いにならないで!~少しずつ慣れていこう~