HOME > お役立ち歯科コラム > コラム > 磨きすぎも良くない? 歯みがきにかけるべき時間とは

磨きすぎも良くない? 歯みがきにかけるべき時間とは

磨きすぎも良くない? 歯みがきにかけるべき時間とは
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。練馬区石神井公園にある歯医者「すぎもと歯科クリニック」です。 前回のコラムでは、「虫歯を予防! イエテボリ式歯みがきのやり方とポイント」」について取り上げました。

第138回の今回は、「磨きすぎも良くない? 歯みがきにかけるべき時間とは」をご紹介していきます!

普段、歯みがきにはどのくらいの時間をかけていますか? 「1回2~3分」という方もいれば、「1回10分以上」という方もいるでしょう。丁寧に歯みがきをすることは大切ですが、歯みがきの時間が長ければ長いほどいいというわけではありません。今回は、1回の歯みがきに費やすべき時間についてご紹介するとともに、歯みがきの理想的なタイミングや回数についてご紹介します。

 

歯みがきにかけるべき時間は、どのくらい?

歯みがきは、最低でも3分間は行うべき

歯みがきの最大の目的は、歯垢(プラーク)をしっかりと除去することです。歯垢をそのままにしておくと、虫歯や歯周病を引き起こしやすくなります。歯垢は、うがいだけで除去することはできません。そのため、歯ブラシを用いて丁寧に歯みがきすることが、口腔内のトラブルを予防するために大切なのです。

一般的に、1回の歯みがきに必要な時間は最低3分間といわれています。立体的で、1本1本が異なる形をしている歯を1本1本しっかりと磨くためには、どんなにスピードアップしても3分間はかかるからです。

 

長すぎる歯みがきで、思わぬトラブルも

歯みがきを丁寧に行うことは大切ですが、だからといって長い時間をかけて磨けばいいとは言い切れません。実は、むやみに長時間歯みがきを続けることで、歯の表面のエナメル質が傷ついてしまうことがあるのです。また、長時間歯みがきをし過ぎると歯茎を傷めたり、知覚過敏を引き起こしたり可能性があることも分かっています。

1本の歯に対して15~20回程度を目安に磨くようにすれば、十分に歯垢を除去できます。

 

歯みがきの理想的な回数やタイミングは?​

歯みがきは1日に何回するべき?

歯みがきは毎食後、つまり1日3回は必ず行うのが望ましいといわれています。なぜなら、食べ物が口の中に入る度に、歯垢(プラーク)の数はどんどん増加するためです。歯に付着した食べ物のかすは、24時間以内には歯垢となってしまいます。そうなる前に、丁寧にブラッシングをして歯垢を溜めないようにしましょう。

朝昼晩の食事以外にも、間食をした場合も同様に歯みがきをすることをお勧めします。

 

就寝前の歯みがきも習慣づけよう

食後以外にも歯みがきをすべきタイミングとして「就寝前」が挙げられます。

寝ている間は、活動している時間に比べて唾液の分泌量が一気に減ります。すると、口腔内は細菌が増殖しやすい状況になるため、虫歯や歯周病などが発症するリスクも高まるのです。

また、寝る前に歯みがきをすることで翌朝の口臭を抑える効果も期待できます。口腔内のトラブルや口臭を防ぐためにも、お休み前の歯みがきはきちんと習慣づけましょう。

 

食後すぐに歯みがきをするのはNGなの?

歯みがきを行うタイミングは、食後すぐに行うべきという見解もあれば、食後30分は時間を空けるのが望ましいと考える方もいます。

食後すぐの歯みがきを勧めない主な理由として、「歯の表面を傷つけやすい」「口腔内に必要な唾液まで流してしまう」が挙げられます。

食後30分間は、口腔内の環境が酸性に傾くため、その状態で歯を磨くとエナメル質を溶かす恐れがあると考えられるのです。また、唾液には口腔内の細菌の活動を抑える働きを持っているので、唾液の分泌が盛んな食後の歯みがきは避けるべきといわれています。

 

大切なのは、「タイミング」よりも「正しいブラッシング」

前述の通り、食べ物のかすは放置すればするほど歯垢になりやすいものです。口腔内の環境を健やかに保つためには、食後なるべく早めに歯みがきをするべきという意見も多く耳にします。

このように、食後の歯みがきのタイミングについてはさまざまな見解があり、意見が分かれているのが現状です。

しかし、歯みがきのタイミングよりも「正しいブラッシングができているかを最も重要視するべき」という点は、どの意見にも共通しています。

歯の表面に付いた汚れや食べ物のカスをしっかり取り去ることを意識してブラッシングしましょう。正しいブラッシング方法がいまいち分からない……という方は、歯科医院で歯みがきの仕方や歯ブラシの選び方について指導を受けることをお勧めします。

知覚過敏は治せる? 治療法とケア方法

歯みがきは、自分の歯を守るために最も大切なセルフケアといっても過言ではありません。毎日欠かさず行うものだからこそ、理想的な回数やタイミングを心得て、お口の健康を保ちましょう。

歯みがきをするタイミングや、どのくらいの時間磨けばいいか分からないという方は、今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてくださいね。

次回は「電動歯ブラシのメリットデメリットと正しい使い方」についてご紹介する予定です。どうぞお楽しみに!

 

 

★お口のお悩みはお気軽にご相談ください★

一覧へ戻る

みがくま・だらくま案内所

なんだか楽しそうじゃないダラか!

ほら、行ってみたくなってきたでしょ?

ガチャガチャが回せてDVDも見られるなら、行ってやってもいいダラね~

なんだか上から目線ね・・・・・・

ところでビームは? ビームはどこダラか?

医院情報で軽く触れただけなのにすごい食いつきよう・・・・・・このあとちゃんと紹介するから安心してね 医院情報

ビームキター!

男の子って本当にそういうの好きね・・・・・・。<br />わたしはレモンの香りがするエアフローが好き!

菌をiPadで見れるのも、なかなか面白そうじゃないかダラ!

どう?だんだんこの歯医者さんに行きたくなってきたでしょ?

・・・・・・ふんっ! 歯医者さんはいやダラ!話を聞くのはいいけど、行くのは別ダラ!

もう、ガチャガチャとかビームにワクワクしてたくせに!こわがらないで、行ってみましょうよ

こ、こわくないダラ!<br />だっておれっちは、一族の使命にしたがって・・・・・・

だらくまくんのうち、みんな歯医者さんに行ってるじゃないの

い、行ってるふりダラ

まったくもう・・・・・・こわがってるのは知ってるんだからね。大丈夫よ、この歯医者さんはこわいところじゃないんだから。<br />ほら、もうちょっと見てみましょ、ね?

しょうがないダラな~

歯医者を嫌いにならないで!~少しずつ慣れていこう~