HOME > お役立ち歯科コラム > コラム > 子育て中のパパ・ママ必見! 知っておきたい乳歯の役割と特徴について

子育て中のパパ・ママ必見! 知っておきたい乳歯の役割と特徴について

子育て中のパパ・ママ必見! 知っておきたい乳歯の役割と特徴について
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。練馬区石神井公園にある歯医者「すぎもと歯科クリニック」です。

前回のコラムでは、「よく噛むことが大切! “8020運動”“ひみこの歯がいーぜ”とは」について取り上げました。
第120回の今回は、「子育て中のパパ・ママ必見! 知っておきたい乳歯の役割と特徴について」をご紹介していきます!
赤ちゃんの口腔内には、生後6ヶ月~1歳頃に乳歯が生え始めます。
せっかく生えた歯ですから、虫歯にならないよう十分気をつけてケアしてあげたいものですよね。今回は、乳歯の特徴や、虫歯予防のポイントについてチェックしていきましょう。

 

子どもの乳歯はいつ頃生え揃う?

赤ちゃんの乳歯は生後6ヶ月~1歳頃に最初の歯が生え始め、2~3歳までに全部で20本の歯が生え揃います。
最初に下の前歯が出てくるのが一般的です。乳歯が出てくる順番や生えるスピードには個人差があるため「他の子と違う?」と思うことがあるかもしれませんが、あまり心配する必要はありません。
乳歯が生えてくる頃に赤ちゃんは離乳食を食べ始め、徐々に歯の使い方を学びます。
歯を上手に使って食事をする練習を続けるうちに、子どものアゴも発達し、顔の形が整っていきます。

 

乳歯には永久歯とは異なる特徴がある

人間の歯の表面にはエナメル質と呼ばれる固い層があり、その内側には象牙質と呼ばれる層があります。
しかし、乳歯のエナメル質や象牙質は永久歯に比べて薄く、さらに歯の神経もあまり強くはありません。
生えたての歯は大人の歯に比べてかなり柔らかく、表面には肉眼では確認できないほどの小さな穴が開いています。
この時期の歯は適切にケアしないと、歯の表面のエナメル質がどんどん溶かされ虫歯が進行してしまうこともあります。

 

乳歯の虫歯が永久歯に影響することも?

乳歯の虫歯は進行が早く、エナメル質が溶け始めるとあっという間に虫歯が大きくなり、神経に達してしまうこともあるので気をつけたいですね。
乳歯の虫歯が進行すると、その下に形成され始めている永久歯が形成障害を起こすことがあります。
すると、永久歯の形が悪くなったり、生える向きがばらばらになったりすることもあるのです。

まれに「乳歯はすぐに抜けるから虫歯になっても問題ない」と考えている方がいます。
しかし、乳歯が虫歯になると噛む力が弱くなり、成長に必要な栄養素を十分に吸収できなくなります。
虫歯が原因で偏食や少食になるなど食事に影響が及ぶこともあるので、乳歯は虫歯にしないよう注意しましょう。

 

乳歯の虫歯を防ぐためのポイントは?

乳歯の虫歯を防ぐためにも、小さいうちから歯磨きを欠かさないよう指導していきたいものです。
0~2歳の生え揃う前の乳歯は、歯と歯の間や歯のつけ根部分に歯垢が溜まりやすく、放置していると虫歯になることがあります。

また、3歳頃になって奥歯が生え始めたら、奥歯の溝の虫歯にも気をつけたいですね。
小学校入学の時期になると、20本の乳歯の奥側に「6歳臼歯」と呼ばれる永久歯が生えてきます。
6歳臼歯は乳歯ではなく永久歯なので、乳歯が順番に抜けていっても抜けずに残ります。
歯磨きに慣れていない子どもは奥歯がうまく磨けず、結果的に6歳臼歯が虫歯になってしまうケースがあるので要注意。
子どもに上手な歯磨きを指導したり大人が仕上げ磨きをしたりすることが、虫歯を防ぐためのポイントといえます。

 

乳歯のうちから歯磨きを習慣づけよう

虫歯予防のために歯磨きを習慣づけることが大切だと分かっていても、子どもが歯磨きを嫌がりなかなかうまくいかないという方もいるかもしれません。
嫌がる子どもを無理に押さえつけて歯磨きすると、子どもはますます歯磨きを嫌がってしまいます。

毎食後に磨けないという場合には、子どもの機嫌がいいときに楽しくできるよう工夫しながら、せめて1日1回は磨けるよう促してみてください。

幼稚園や保育園に通う頃になると自分で歯磨きができるようになるので、一緒に磨いたり褒めたりしながら取り組んでいきましょう。
自分でできるようになっても小学校低学年くらいまでは仕上げ磨きをして、歯の正しい磨き方を教えていくのが理想的です。

 

先天性欠如歯を補うための治療法

 

乳歯には、子どもの体の成長に深く関わる大切な役割があります。。 そんな乳歯が虫歯に侵されてしまうと、今後生えてくる永久歯に悪い影響を与えることもあるので、十分注意したいものです。。 「どうせ抜けてしまうから問題ない」と考えずに、きちんとケアをしてあげたいですね。

 

次回は「矯正治療は必要? 親がチェックしたい子どもの歯並び」についてご紹介する予定です。どうぞお楽しみに!

★お口のお悩みはお気軽にご相談ください★

ベビーカーや車椅子でもご来院いただけるバリアフリーな歯医者

(医)悠歯会 すぎもと歯科クリニック

【診療項目】一般歯科・小児歯科・予防歯科・矯正歯科・口腔外科・審美歯科・ホワイトニング・インプラント

【所在地】東京都練馬区石神井町6-15-8 ウエルシア2F

【アクセス】西武池袋線「石神井公園駅」より徒歩5分

 

 

一覧へ戻る

みがくま・だらくま案内所

なんだか楽しそうじゃないダラか!

ほら、行ってみたくなってきたでしょ?

ガチャガチャが回せてDVDも見られるなら、行ってやってもいいダラね~

なんだか上から目線ね・・・・・・

ところでビームは? ビームはどこダラか?

医院情報で軽く触れただけなのにすごい食いつきよう・・・・・・このあとちゃんと紹介するから安心してね 医院情報

ビームキター!

男の子って本当にそういうの好きね・・・・・・。<br />わたしはレモンの香りがするエアフローが好き!

菌をiPadで見れるのも、なかなか面白そうじゃないかダラ!

どう?だんだんこの歯医者さんに行きたくなってきたでしょ?

・・・・・・ふんっ! 歯医者さんはいやダラ!話を聞くのはいいけど、行くのは別ダラ!

もう、ガチャガチャとかビームにワクワクしてたくせに!こわがらないで、行ってみましょうよ

こ、こわくないダラ!<br />だっておれっちは、一族の使命にしたがって・・・・・・

だらくまくんのうち、みんな歯医者さんに行ってるじゃないの

い、行ってるふりダラ

まったくもう・・・・・・こわがってるのは知ってるんだからね。大丈夫よ、この歯医者さんはこわいところじゃないんだから。<br />ほら、もうちょっと見てみましょ、ね?

しょうがないダラな~

歯医者を嫌いにならないで!~少しずつ慣れていこう~