HOME > お役立ち歯科コラム > コラム > よく噛むことが大切! “8020運動”“ひみこの歯がいーぜ”とは

よく噛むことが大切! “8020運動”“ひみこの歯がいーぜ”とは

よく噛むことが大切! “8020運動”“ひみこの歯がいーぜ”とは
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。練馬区石神井公園にある歯医者「すぎもと歯科クリニック」です。

前回のコラムでは、「親知らずを抜いた際は要注意! 抜歯後に起きるドライソケットとは」について取り上げました。
第119回の今回は、「よく噛むことが大切! “8020運動”“ひみこの歯がいーぜ”とは」をご紹介していきます!
丈夫で健康な歯は日々の生活に欠かせないものです。
歯を末永く健康に保つためにも、上下の歯できちんと噛んで食べるよう心がけたいですね。
この記事では、よく噛んで食べることの大切さについて解説していきます。

 

噛むことの大切さを示す「8020運動」とは

「8020運動」という言葉を聞いたことがあるという方は多いことでしょう。
これは、「ハチマルニィマル」と読み「80歳まで自身の歯を20本以上保つ」という、歯を大切にする運動のことです。
8020運動は、1989年(平成元年)に厚生省(現在の厚生労働省)と日本歯科医師会が提唱し、広く国民に呼びかけられてきました。
2000年(平成12年)になると、歯を大切にするための運動をさらに発展させるために「8020推進財団」が作られました。
8020推進財団は、小冊子の配布やシンポジウムの開催などを通して、歯を末永く健康に保つ口腔ケアの指導に努めています。

 

「ひみこの歯(は)がいーぜ」で噛む大切さを学ぶ

8020推進財団は、噛むことの大切さを広くアピールするために「ひみこの歯がいーぜ」という標語を作り、8つの要素について説明しました。
弥生時代の女王・卑弥呼の時代には、人々は1回の食事で4000回以上も噛んでいたといいます。
この標語はそんな卑弥呼の時代にあやかり、食事のときによく噛んで食べることの大切さについて示しています。

【ひ】肥満を防ぐ
食事をよく噛まずに早食いすると満腹中枢がうまく働かず、食べすぎてしまうため肥満になりやすくなります。
よく噛んで食べれば少量でも満腹感を覚えやすくなり、効率的にダイエットできるのです。

【み】味覚の発達
食事のときには、食べ物本来の味わいを楽しむようよく噛んで食べたいですね。
眼の前の食事にきちんと向き合い、食べ物をしっかり噛む習慣をつけることは、豊かな味覚を得ることにつながります。

【こ】言葉の発音がはっきり
よく噛む食事を続ければ口元やアゴの筋肉が発達しやすくなります。
その結果、歯並びが良くなりやすく、言葉を発したときにもきれいな発音ができるようになっていくのです。

【の】脳の発達
よく噛んで食べる習慣は、脳にも良い影響をもたらしてくれます。
食事中にアゴを頻繁に動かせば脳には酸素が送られやすくなり、脳細胞の働きが活性化します。
よく噛む習慣は高齢者の認知症予防にもなるといわれ、大いに注目されているのです。

【は】歯の病気を防ぐ
人間の口腔内は、乾燥すると雑菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯周病も起こりやすくなります。
食事をよく噛んで食べれば唾液が出やすくなるので、口腔内の環境が改善します。

【が】がんを防ぐ
よく噛んで食べると唾液が分泌されやすくなりますが、実はこの唾液には発がん物質の作用を打ち消す酵素が含まれているのだそうです。
食べ物を30回以上噛んで食べるよう心がけ、がんにかかるリスクを減らしていきましょう。

【い】胃腸の働きを促進する
よく噛んで食事をすれば、唾液だけでなく消化酵素もたくさん分泌されます。
消化酵素が増えれば食べたものが消化されやすくなり、生活習慣病にかかりにくい状態をキープすることができますよ。

【ぜ】全身の体力向上と全力投球
噛むという行為を続けることで、日々を元気に過ごすためのパワーも湧きやすくなるものです。
よく噛むことによって美しく丈夫な歯をキープすれば、自信を持って毎日を過ごすことができますね。

 

噛むことで得られる嬉しい効果はたくさんある

「ひみこの歯がいーぜ」の標語から分かるように、歯をきちんと使いよく噛んで食べることにはさまざまな良い効果があります。
食べ物を噛む動きによって顔の筋肉が鍛えられますし、口腔環境も整いやすくなるのです。
さらに、よく噛む習慣が強い体を作ったり精神的な安心感をもたらしてくれたりすることも分かっています。

 

よく噛む習慣をつけることが何よりも大切

近年ではじっくりと噛んで食べる子どもが減りつつあります。その原因は、柔らかい食べ物が好まれるようになったことや、忙しく食事に十分な時間を取れなくなったことなどさまざまです。
しかし、食事をあまり噛まずに食べていると、歯のかみ合わせに異常が出たり、アゴに痛みや違和感を感じたりすることもあります。
また、大人になってから生える親知らずも、ななめに生えて痛みがでるかもしれません。
よく噛む習慣をつけてアゴを発達させるよう心がければ、こういったトラブルも起こりにくくなります。

 

先天性欠如歯を補うための治療法

 

この記事では、食事の際によく噛んで食べることの大切さについて詳しく解説いたしました。
「普段食べ物をじっくり噛まずに食べている」「ついつい柔らかいものばかり食べてしまう」という方は、歯ごたえのあるものをじっくりよく噛んで食べるよう心がけてみてくださいね。

 

次回は「子育て中のパパ・ママ必見! 知っておきたい乳歯の役割と特徴について」についてご紹介する予定です。どうぞお楽しみに!

★お口のお悩みはお気軽にご相談ください★

ベビーカーや車椅子でもご来院いただけるバリアフリーな歯医者

(医)悠歯会 すぎもと歯科クリニック

【診療項目】一般歯科・小児歯科・予防歯科・矯正歯科・口腔外科・審美歯科・ホワイトニング・インプラント

【所在地】東京都練馬区石神井町6-15-8 ウエルシア2F

【アクセス】西武池袋線「石神井公園駅」より徒歩5分

 

 

一覧へ戻る

みがくま・だらくま案内所

なんだか楽しそうじゃないダラか!

ほら、行ってみたくなってきたでしょ?

ガチャガチャが回せてDVDも見られるなら、行ってやってもいいダラね~

なんだか上から目線ね・・・・・・

ところでビームは? ビームはどこダラか?

医院情報で軽く触れただけなのにすごい食いつきよう・・・・・・このあとちゃんと紹介するから安心してね 医院情報

ビームキター!

男の子って本当にそういうの好きね・・・・・・。<br />わたしはレモンの香りがするエアフローが好き!

菌をiPadで見れるのも、なかなか面白そうじゃないかダラ!

どう?だんだんこの歯医者さんに行きたくなってきたでしょ?

・・・・・・ふんっ! 歯医者さんはいやダラ!話を聞くのはいいけど、行くのは別ダラ!

もう、ガチャガチャとかビームにワクワクしてたくせに!こわがらないで、行ってみましょうよ

こ、こわくないダラ!<br />だっておれっちは、一族の使命にしたがって・・・・・・

だらくまくんのうち、みんな歯医者さんに行ってるじゃないの

い、行ってるふりダラ

まったくもう・・・・・・こわがってるのは知ってるんだからね。大丈夫よ、この歯医者さんはこわいところじゃないんだから。<br />ほら、もうちょっと見てみましょ、ね?

しょうがないダラな~

歯医者を嫌いにならないで!~少しずつ慣れていこう~