ひとりひとりの成長タイミングに合わせた矯正治療を

そういった歯並びの悩みを解決できるのが、「矯正治療」です。お口の中に器具を取り付け、時間をかけてゆっくりと歯並びを治していきます。

矯正治療は永久歯の生え揃った大人になってからでもできますが、体の成長が活発な6歳から中学生くらいまでの間に行うと、あごを計画的に発達させられたり、永久歯がキレイに生えそろうようにうながせたり、といったメリットがあります。

矯正治療をおすすめしたい歯並び

出っ歯 受け口 すきっ歯
出っ歯 受け口 すきっ歯
上の前歯が前方に突き出ている状態。歯が前に傾いていたり、下あごの成長が不十分だったりするとなります。 出っ歯とは逆に、下の歯が前方に突き出ている状態。食べものがうまく噛めず、発音にも影響が出ます。 あごに対して歯が小さい場合や、歯の本数が足りない場合になります。食べものがよく挟まり、虫歯になりやすくなります。
開咬(かいこう) 交叉咬合(こうさこうごう) 乱杭歯(らんぐいば)
開咬(かいこう) 交叉咬合(こうさこうごう) 乱杭歯(らんぐいば)
奥歯を噛み合わせたときに、上下の歯に隙間ができる状態。ものをうまく噛めなかったり、発音しにくかったりします。 どこかの歯が横にズレている状態です。前歯の中心もよくいっしょにズレています。放っておくと顔が歪んでしまうことも。 歯がデコボコに生えていたり、重なっていたりする状態。歯の生えるスペースが足りない場合になりやすく、「八重歯」もこの一種です。
子どものころに矯正するメリット

子どものころは体が成長している真っ最中ですから、歯を比較的簡単に動かすことができます。特に、あごの発達を矯正器具でうながすのは、体の成長しきった大人の矯正ではできないこと。あごを正しく発達させることで永久歯がきれいに生えそろうようになりますし、キレイな歯並びでしっかり噛むことで、脳にいい刺激を与えられ、脳の成長もうながせると考えられています。

成長期の矯正治療・・・・機能的矯正装置

きれいな歯並びできちんと咬むこと。これは非常に大事なことです。
そして、そのかみ合わせを作るために最も重要なのは、上あごと下あごのバランスが取れている事なのです。前述の通り、あごの発達をうながすことは、成長期の間しか出来ません。その際に使用するのが、機能的矯正装置です。

機能的矯正装置には、いくつか種類があり適応症が異なりますが、ほとんどが可撤式(取り外し可能)です。取り外すことが出来るので、ハミガキがしづらくなるといったデメリットがなく、痛みに弱いお子さんでも調整が可能ですので、非常に適した治療法といえます。

矯正すべき?矯正医がしっかり判断します

石神井公園のすぎもと歯科クリニックには、矯正の専門医が所属しています。お子さんのお口やあごの成長具合をよく見て、いつごろから矯正治療を始めればいいかアドバイス。強引に「やりましょう!」とすすめたりはしませんので、安心してご相談ください。

みがくま・だらくま案内所

よかったダラ、おれっちの歯並びは絵ほどズレてないダラ

うーん、イラストは分かりやすく描かれてるから・・・・・・。<br />不安なら、歯医者さんに相談した方がいいわよ

そうなんダラか。まあ、話を聞くだけ聞いてみてもいいダラかな?

そうよ。相談ついでにPMTCでも受けて、お口スッキリさせてくればいいじゃない PMTC

PMTC・・・・・・ああ、お口のクリーニングダラね。確かに興味あるダラ!<br />楽しい雰囲気の歯医者さんみたいだし、ちょっとくら見物ダラね! 楽しい雰囲気の歯医者さん

だらくまくんが歯医者さんに行く気になってくれて、わたしもうれしい!<br />今度いっしょに行って、ガチャガチャ回しましょうね

回すダラー回すダラー! 当たりを引いてラジコンもらうダラー!

そんな豪華なものはないと思うけど・・・・・・

  • コンセプト・スタッフ紹介
  • ママの意識が歯を守る!~子どもの予防・定期検診~
  • これからママになる方へ~マタニティ歯科~