噛み合わせが悪いと、健康にもよくありません

噛み合わせとは、口を閉じたときに上下の歯が噛み合うことです。出っ歯やガチャガチャな歯並び、あごの未発達などで噛み合わせが悪いと、見た目が気になるだけでなく、虫歯になりやすかったり、ものをうまく噛めず消化不良になりやすかったりといった問題も出てきます。噛み合わせは、健康に大きくかかわることなのです。

こんなクセには要注意!

お子さんに、こんなクセはありませんか? お子さんの体は、毎日少しずつ成長しています。ちょっとしたクセが、歯や骨の成長に悪影響を及ぼし、噛み合わせを悪くさせてしまうことがあるのです。

指しゃぶり
指しゃぶり
前歯に外向きの力がかかり、出っ歯になってしまうかもしれません。
爪・唇・タオルなどを噛む
爪・唇・タオルなどを噛む
本来とは違う歯の使い方、力の入れ方をすることで前歯や歯ぐきに負担をかけて、歯並びの乱れを招きます。
口呼吸
口呼吸
口が開きっぱなしだと、舌の位置が下がります。通常、舌は歯を裏側から支えているのですが、その力がなくなるので、歯並びが乱れやすくなります。また、口が乾燥することで唾液の殺菌力が足りなくなり、虫歯のリスクも増します。
丸呑み
丸呑み
しっかり噛まないとあごが成長せず、歯の生えてくるスペースが足りなくなって歯並びが乱れます。
うつぶせ寝・横向き寝
うつぶせ寝・横向き寝
あごに負担がかかり、あごがゆがむことで歯並びも乱れる可能性があります。
頬杖
頬杖
頭の重さが下あごにかかり、歯並びを乱してしまうことがあります。あご自体がゆがんでしまう可能性も。

気になるクセがあれば、注意してできるだけ早めにやめさせてあげましょう。指しゃぶりなどは不安・不満から来ていることもあるようなので、単純にクセを注意するだけでなく、不安・不満の原因を解消させてあげることも大切です。じっくりコミュニケーションしていきましょう。

歯並び・噛み合わせが悪いとどうなる?

虫歯・歯肉炎になりやすくなる

歯並びが悪いと食べかすが隙間にたまりやすく、また歯みがきもしにくいため、虫歯・歯肉炎にかかりやすくなってしまいます。

食べものの栄養を吸収しにくくなる

噛み合わせが悪いと、ものをしっかり噛むことができません。消化しにくい状態で飲み込んでしまうため、栄養の吸収効率が悪くなり、成長・健康に悪影響を及ぼします。

発音が悪くなる

空気が歯の隙間から抜けてしまったり、舌の動きが歯で邪魔されたりすることで、うまく発音できなくなることもあります。

コンプレックスになる

歯並びが悪いと、見た目や発音まで悪くなることもあります。それがコンプレックスになり、人前でうまく笑えなかったり、無口になってしまったりすることも少なくありません。歯並び・噛み合わせは心の成長にも影響するのです。

口の中をケガしやすくなる

ほかの歯よりも外向きに傾いている歯があると、転んだり衝撃を受けたりしたときに口の中をケガしやすくなります。また、出っ歯の場合は前歯が折れてしまうリスクも高まります。

肩こり・頭痛などを招く可能性もある

噛み合わせの悪さは骨格のゆがみにつながり、大人になったとき肩こりや頭痛といった症状を起こしてしまうと言われています。

みがくま・だらくま案内所

・・・・・・

急に黙っちゃって、どうしたの?

な、なんでもないダラ

あっ、さては歯並びがあんまりよくないことを気にしてるのね

うっ! みがくまちゃん、僕の心を読んだダラか?

うふふ、どうかしらね。でもだらくまくん、大丈夫よ<br />歯並びは、『矯正治療』でちゃんと治せるんだから

な、な~んだ! そうならそうと早く言って欲しいダラ!<br />もうおれっち終りかと思ったダラよ・・・・・・

大げさねえ。とにかく、矯正治療については次のページへGOよ!

ごーごーダラ!

歯並びを治そう!~小児矯正~