生まれてくる赤ちゃんのために

特に妊娠中の歯周病(妊娠性歯周炎)は、早産や低体重児出産のリスクを約7倍にも高めると言われているおそろしい病気です。歯周病は初期段階では自覚症状がないので、歯医者でチェックしてもらい、予防の処置も受けましょう。石神井公園のすぎもと歯科クリニックでも、妊婦の方向けの「マタニティ歯科」をご案内しています。

歯科診療を受けるのは妊娠中のどの時期?

妊娠初期(~3ヵ月) 安定期(4~7ヵ月) 妊娠後期(8ヵ月~)
過度な緊張や長時間の治療は体の負担になり、切迫流産のリスクを高めてしまいます 治療はこの時期に行いましょう。特にお口の中に問題を感じていなくても、念のために検診を受けてみることをおすすめします 陣痛が起きる可能性があるので、基本的に治療は控えましょう
レントゲンって受けていいの?

妊娠中にレントゲンを受けてはいけないのではないかと心配される方は多いですが、適切な治療を行うための、必要最低限のレントゲンなら問題ありません。すぎもと歯科クリニックは、従来のレントゲンよりも放射線量が約10分の1になっている「デジタルレントゲン」を採用していますので、ご安心ください。

おうちでできるお口のケア

妊娠中はお口の病気にかかりやすいため、おうちでのケアが重要です。しかしつわりのせいで「満足に歯みがきできない」ということもあるかと思います。そこで、妊娠中にも実践しやすい、歯みがき以外のケア方法をご紹介します。

飲みものでお口をスッキリさせる

お水やお茶を飲んだり、それで口をすすいだりするだけでも虫歯・歯周病の予防効果があります。お茶にはカテキンという殺菌作用のある成分が含まれていますから、特に有効です。ただし、よい菌まで流してしまわないように、飲み過ぎ・すすぎすぎには注意してください。

フッ素やキシリトールを活用する

フッ素は歯の質を強くして、虫歯から守ってくれる成分です。歯磨き粉だけでなく、スプレーやジェルといったデンタルケア商品が発売されています。ガムなどによく含まれているキシリトールは、そのフッ素の働きを助けてくれます。

規則正しい生活を心がける

ストレスは免疫力を低下させてしまいます。できるだけ規則正しい生活を心がけ、散歩したり太陽の光を感じたりすることでストレスを解消しましょう。

母子感染について

生まれたばかりの赤ちゃんには、お口の中に虫歯菌がいません。虫歯菌は、パパやママから赤ちゃんに感染するんです。

赤ちゃんに虫歯菌が感染するおもな原因

3歳くらいまで虫歯菌に感染せずに過ごせれば、虫歯にとてもかかりにくい体質になれると言われています。しかし、顔を近づけて喋るだけでもツバが飛んで感染するかもしれないため、「感染の完全な予防」は非常に難しいと言えるでしょう。ご親族や近隣の方との触れ合いもあるため、ご家族でどんなに気を遣っても、最終的には運が絡みます。あまり神経質になりすぎないようにしましょう。

みがくま・だらくま案内所

エエエーッ! 虫歯菌って最初はお口の中にいないんダラか!

そうなのよ。でも同じスプーンを使って『あーん』なんてしてたら、すぐにうつっちゃうんですって

そんなぁ~。恨むダラ・・・・・・おれっちに菌をうつした・・・・・・多分ママ・・・・・・!

そんなこと言っちゃダメよ。<br />子どもを産んで育てるのって本当に大変なのよ!

産んだことないくせによく言うダラ

お話で聞いて知ってるんです

でも、大変なのは分かっても、やっぱり虫歯菌はうつらないほうがいいダラ・・・・・・。<br />おれっちだって、子どもができたらうつしたくないダラ。どうすればいいんダラ・・・・・・?

上にも書いてあるけど、カンペキに防ぐのは難しいわよ。<br />でも、お口の中の菌を減らしておけば、うつりにくくなるみたい。<br />そのために大切なのは、ズバリ予防とクリーニングね!

ママがお手本!大人の予防歯科・クリーニング